一戸建購入で知っておきたい基本的なこと

念入りにシミュレートしたい一戸建ての家事動線

念入りにシミュレートしたい一戸建ての家事動線 注文住宅による新築一戸建ては、間取りやデザインを自由に決めることができる魅力がある家づくりになりますが、間取りを決めるときには2つの動線をしっかりシミュレートした形で行う必要があります。
一戸建て住宅における2つの動線とは、家族同士が移動するとき動きやすくする生活動線と主婦や主夫など家事で効率よく動くことができる家事動線です。
家事動線の良し悪しは、家事を効率良くする目的を持つもので動きが悪い間取りにしてしまうと、何度もキッチンと洗濯機が置いてある場所を行き来しなければならなかったり、荷物が来たときなども玄関とキッチンを何度も往復しなければならないなどわずかな時間でもそれが毎日になればストレスに感じやすくなりがちです。
一戸建ての間取りをある程度決めた段階で、その間取り図を見ながら動きをイメージしてみましょう。
扉の開け閉めの方向や左側と右側の閉め方向なども間取り図を見ながらイメージすることで、家事と生活2つの動線の良し悪しを見極めることができます。

一戸建て住宅を建てる際には収納スペースも確保

一戸建て住宅を建てる際には収納スペースも確保 夢の一戸建て住宅を建てることが出来るのはとてもうれしいもので、家族みんなで何度もマイホーム計画について考えるに違いありません。
では、一戸建て住宅を建てようと思う場合どのようにすれば快適で素敵な住宅を建てることが出来るのでしょうか?間取りやインテリアや機能性は大切ですが、すっきりと暮らすために収納スペースをしっかり確保しておくことは重要です。
例えば、玄関先には大きめのシューズクローゼットを設けることが出来ますが、シューズだけではなく子供が遊ぶサッカーボール、テニスラケット、コート、などもしっかりと収納できるようにしましょう。
キッチンであれば、パントリーを設けることで災害に備えて保存食なども確保することが出来ます。
ほかにも、子供部屋、リビング、寝室、洗面所などに収納スペースをとるなら生活感が出ずにすっきり過ごすことが出来ます。
しかし、あまりにもスペースをとりすぎるなら居住空間が狭くなるので、その点は覚えておくべきです。